大野屋のお墓(地震対策)

明治の森霊園

大野屋のお墓
(地震対策)

  • 大野屋のお墓(地震対策)

お墓の地震対策について

メモリアルアートの大野屋は、大切なお墓を守るために、これまで様々な地震対策に取り組んできました。

当社は、長年にわたりお墓の地震対策について研究してまいりました。

1978年に宮城県沖の地震があり、多くのお墓が倒れたことから地震対策が始まりました。棹石(一番上の墓石)が揺れるのを防ぎたいとの考えから、1983年~1996年までは棹石と上台(上から2番目の墓石)の間に耐震用ステンレスピン(実用新案登録済)を入れました。これにより1987年の千葉県東方沖地震(震度5)の時でも、耐震ピン施工済みのお墓は棹石が横を向いたことはありましたが、横倒しになったお墓はありませんでした。

しかし、1995年1月に阪神・淡路大震災が発生しました。その時、お墓が上下動する「飛び石」現象が確認されました。これではピンの長さを超えて飛び上がってしまえば意味がなくなります。そのため、お墓が飛び上がるのを防ぐのに、墓石を上から下まで強力な接着剤で一体化する方法を開発しました。

これによって棹石を頂点としたピラミッドのように安定した、縦・横の揺れに強い形を作りました。

地震対策

お墓の地震対策(接着剤工法とは)

耐震ピン工法から接着剤工法へ。

阪神・淡路大震災では、地震の激しい上下動により、墓石がジャンプする「飛び石」現象が確認され、耐震ピン工法では縦揺れに対する危惧が指摘されました。そこで、新たに接着剤工法を開発しました。耐震試験でも次のようなメリットが確認できました。

  • 縦揺れによる飛び石現象の防止
  • 棹石のズレ防止
  • 横揺れによる墓石の角カケ、破損防止

この結果から、耐震ピン工法から接着剤工法へと移行することになりました。

耐震ピン工法から接着剤工法へ

当社オリジナル接着剤について

試験結果で優れた耐震性を照明!

阪神・淡路大震災以降、開発した当社オリジナルの墓石施工専用の耐震性接着剤です。墓石の耐震性試験でその有効性が確かめられました。

震度7にも対応!
(阪神・淡路大震災クラス)

試験結果において他社同等接着剤に比べ、接着力が高く、総合的にも劣化条件下での耐久性も良好な検証結果が得られています。推定震度7までクリアしました。

メモリアル96EX10

「メモリアル96EX10」は、トルエン等の揮発性有機化合物を一切使用していないため、化学物質過敏症などの健康被害や森林破壊をもたらすことがない、健康にも環境にも安心の製品です。また、シックハウス症候群の原因物質とされるホルムアルデヒトの放散速度が基準以下であることを保証するマーク「F☆☆☆☆」(日本シーリング工業会が規定する最高級ランク)を取得。廃材量も従来品より約1/7に低減させ、省ゴミ性を実現させました。さらに当社では、すべての墓石に"免震工法"を施工するほか、安心の「10年保証書」もお付けしています。

安心の10年保証

最高の品質と究極の技術からできるお墓の安心保証

かけがえのないお墓とは、「建立したあと末代まで安心できるお墓」です。メモリアルアートの大野屋では、最高の品質の御影石を用い、現在における最先端をゆく加工・彫刻技術を導入、それを可能にしました。

石材は最高級石材である香川県の庵治石をはじめ、愛媛県の大島石、佐賀県の天山、その他、外国産の石材も取り扱っております。

加工の終えた墓石は、5段階にわたって非常に厳しいチェックを行い、合格したものだけをお客様にお引き渡しいたします。
建立したあともお客様が末永くご安心していただけるようメモリアルアートの大野屋では「10年保証書」をお付けしております。
また、国産石材をご購入のお客様には、「産地証明書」を発行いたします。

安心の10年保証イメージ

安心の保証

安心の10年保証

建立したあともお客様に末永くご安心いただけるよう「10年保証書」をお付けしております。 当社は、各加工業者の系列化を図り、加工技術の統一化を高いレベルで実現しました。お墓づくりに"こだわり"を持って、長年培われてきた信頼と実績に基づき、業界初10年保証を実施しています。(保証内容の詳細につきましては、墓所工事完成時にお渡しする「保証書」をご覧ください。



関西支社

大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

問合先0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

関西支社

大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

問合先0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日


上に戻る